ショッピングモール内の花屋さんで、切り花のセンテッド(ローズ)ゼラニウムを発見! 
葉を触ってみたら、慣れ親しんだ “バラの香り”! 
ハーブも、切り花として普通に販売されるようになったのですね~ 知らなかった~  

生花といっても、緑一色のグリーンとして売られていました。 でも、固い蕾が付いていて、カワイイね ^ ^ 
ローズゼラニウム(センテッド・ゼラニウムの代表種)は、簡単に挿し木にできるので (葉だけでも発根すると言われていますからねー)
これだけ立派な太い幹なら、土に植えれば、1年ぐらいで1mの株に成長しそうだな~っと。 
そんなこと考えながら見る人は、きっと私だけよね、、汗    

ゼラニウム切り花

なんかよく見たことのある葉っぱがあるなぁーと、
引き寄せられて、花瓶を覗き込みました。

花瓶には “ゼラニウム” という文字! 


ハーブとは書かれていなかったものの、
葉を触ってみたら、
ちょっと草っぽいローズの香り!
間違いない、
これは絶対に、ローズゼラニウムだ!!
 




花屋さんにハーブの切り花が売っていたら
いいのになぁと、ずっと思っていたんですよね。 
なので、ものすごく嬉しかったです。
生花のラベンダーも売ってくれないかしら~

ベランダのローズゼラニウムにも、固い蕾が見えてきました!  
毎年5月 GW中に、満開になるんです ^ ^ 

ローズゼラニウムつぼみ2016年04月初め
この鉢を置いているのは、
コンクリ壁のベランダの部屋側の床。 
早朝しか日が当たらない場所です。 

このハーブは、花には香りがなくて、葉の方が香るので、もう花は咲かなくてもいいや、と思って、ここに置いたのです。 

だから、この場所でも、毎年必ず咲き、これほど大きく育ったことは嬉しい嬉しい誤算でした。

蕾を見ると、テンション上がります!



関連記事: 



センテッド(ローズ)ゼラニウムは、9年前から、ベランダで育てていて、大株になっています。 

ローズゼラニウム2016年01月末

この画像は、今年の1月末に撮影。 
落葉したブルーベリーの向こうに見える、床から140cmの大株が、ローズゼラニウムです。 


センテッドゼラニウムは、
寒さに弱いと言われるハーブですが、家のベランダ(東海地方)では、常緑です。 


ちなみに、実家の庭(名古屋です)では、
地植えでも年中常緑です。 
蚊よけになると有名なハーブなので、犬が通る場所に沿って植えられています。 
(もちろん、ぜんぶ挿し木よ) 



ローズゼラニウム根本2016年4月初
根元はこんな感じ。 
左の太い株が、9年の老木。 

右の太い株は、挿し木から2年後。 
もともと太い枝を挿し木にしたので、
1年で120cmまで成長したんです。  


ローズゼラニウムは、根の成長が恐ろしく速いです。 私の経験では、深さ20cm程度の普通の鉢では1年以内にパンパンになり、成長が鈍化して葉が出にくくなってしまいました。 

だから、苗を買ってきたら、
初めから、バケツぐらいデッカイ鉢に植えてしまった方がいいんじゃないかと思っています。
ちなみに、このプラスチック鉢は、
直径30cm x 深さ30cm。 


それから、このハーブは加湿気味でもOK。 
実は、水遣りは年中、週1回だけ、3.8Lジョウロ 1杯。 

大きな鉢皿で受けているので、
真夏でも1週間持つんですよ。
こんな適当な方法でも、9年も元気に育っていることに感謝ですね、、、汗 


関連記事: 




オススメのハーブなので、ぜひ育ててみて~ 
by HASY☆


にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ 無印良品ファンでしょ?








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

Copyright (c) 2014- LoHASY☆ 天然生活 All Rights Reserved.