センテッド・ゼラニウムの魅力は、なんといっても、常緑の葉が強く香る、ことですよね! 
そして、もちろん、一期咲き or 二期咲きの花も可愛いいです ^ ^ 
香りが多種多様なセンテッド・ゼラニウムは、種類が多過ぎて、どれを育てたらいいのか迷いますよね? 
NHK趣味の園芸テキストにオススメが載っていたので、ご紹介します。 
by HASY☆

鉢植え向き センテッド・ゼラニウム 3選

シナモンの香り
シナモンゼラニウム
シナモン・ゼラニウム

P. 'Limoneum'
耐寒性弱
鮮明なピンクの花。 
堅く直立する茎をもつ。
老化しやすい
(早めに植え替え要)。

ナッツの香り
ヘーゼルナッツゼラニウム
‘コンカラー・レース’

P. 'Concolor Lace'
別名 「ヘーゼルナッツ・ゼラニウム」
形よくまとまる。

マツの香り
パインゼラニウム
パイン・ゼラニウム

Pelargonium cv.
葉の黒い葉脈が目立つ。
花は早春から咲く。
茎や葉がややべたつく。
こぢんまり。
 

庭植え向き センテッド・ゼラニウム 3選

ローズの香り
ローズゼラニウム
ローズ・ゼラニウム

Pelargonium graveolens
ある程度の耐寒性。 
代表種。香料の原料として
利用される。 
リンゴの香り
アップルゼラニウム
アップル・ゼラニウム

Pelargonium odoratissimum
ある程度の耐寒性
ほふくして繁殖する野生種。
ハンギング向き。 

柑橘とローズの香り
スイートミモザゼラニウム
‘スイート・ミモザ’

P. 'Sweet Mimosa'
ある程度の耐寒性
やや大きめで華やかな花は、サーモンピンクの花弁に斑点いり。


◎ 香・花・葉の個性で選ぶなら・・・

ストロベリーの香り
レディースカボロ
‘レディ・スカーボロウ’

P. 'Lady Scarborough'
咲き始めは淡いピンクで、
徐々に濃くなる。
ミントの香り
ペパーミントゼラニウム
ペパーミント・ゼラニウム

Pelargonium tomentosum
葉の表面に柔らかい毛が生え、ビロードのような質感。
枝が横に広がって伸びる。

レモンの香り
プリンスルパート
‘プリンス・ルパート’

P. 'Prince Rupert'
草丈1m。夏の暑さに強い。淡いピンクの花が
たくさん咲く。

華やかな花
アプリコットゼラニウム
‘アプリコット’

P. 'Apricot'
フルーティーな香り。
花はボール状にまとまって
咲く。草丈70cm。

大輪の花
オレンジゼラニウム
オレンジ・ゼラニウム

Pelargonium cv.
柑橘系の香り。大輪の花。

 
鮮明な赤い花
ミセステイラーゼラニウム
‘ミセス・テイラー’

P. 'Mrs. Tayor'
スパイシーなローズの香り。
葉に黄色の覆輪
ナツメグゼラニウム・バリエゲータ
フラグランス‘バリエガツム’

P. frangans 'Variegatum'
四季咲性。別名 「曲玉」


葉に黄色の大覆輪

‘チャリティ’
P. 'Charity'
柑橘系の香り。
花つきはよくない。

丸まった葉。盆栽のような姿

‘ボントローサイ’
P. graveolens 'Bontrosai'
レモンの香り。
別名 「ツリーゼラニウム」 「花火」






趣味の園芸

センテッド・ゼラニウムは、文字どおり 「香りのゼラニウム」 で、その葉には、一回触れたら数時間も消えないほどの強く爽やかな香りがあります。 常緑性のため、芳しい香りは一年中楽しむことができます。 

島田有紀子
 広島市植物公園で、ゼラニウムの仲間を約550種類栽培する。
 「毎年、3~4月にゼラニウム展を開催しています。実際にセンテッド・ゼラニウムの葉に触れ、その香りに酔いしれてください。」
 

NHK 趣味の園芸 “はじめよう!ハーブ生活” 2015年 04 月号より


センティッド・ゼラニウムブック ― 桐原春子のハーブを楽しむ
(桐原 春子 著)

センティッド・ゼラニウムの英名はScented Geranium, Scented pelargonium、またはScented Leaf Pelargoniumで、和名はニオイゼラニウムです。
かつてゼラニウム(ゲンノショウコ)属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム(テンジクアオイ)属として独立しました。
そのため、最初の言い方がまだ残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムの二通りの呼び方がなされているのです。  ゼラニウムのほうが発音しやすいことも理由の1つのようです。

センテッド・ゼラニウムの分類 
ゼラニウムファミリーであるGeraniceae(フクロソウ)科には、センティッド・ゼラニウムの属するPelargonium属のほかに、Eradium属、 Geranium属、Monsonia属、Sarcocaulon属の合わせて5つの属があります。
ペラルゴニウム属は交雑しやすく、およそ600の種があるといわれており、その香りもさまざまです。

センテッド・ゼラニウムの特徴:
 多年草で、匍匐性のものと立性のものがあり、数年すると木化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉が芳香をもちます。
 葉は対生または互生して香りがあり、触れたりこすると強く香ります。その香はバラを主として、果物やスパイスの香りなどさまざまで、その形や大きさもいろいろあります。

開花:5月~6月 (アップルとナツメグは1年中開花)
- 剪定は、花後にできなかったら、秋に行います。
- さし木は、寒いとき屋内の窓辺で管理すれば、年間を通じて可能です。
- 植え替えは、ふつう花後切り戻しをして行いますが、秋または春先にも様子を見ながら適宜。
- 肥料は窒素分を控えたものを、春の成長の時期と秋の花後のお礼肥として与えます。ほかに苗の様子を見ながら適宜。



関連記事: 





にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ 無印良品ファンでしょ?









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

Copyright (c) 2014- LoHASY☆ 天然生活 All Rights Reserved.