ドイツの自然化粧品 “ロゴナ” のメイク商品を2006年から愛用しています。 

天然成分の化粧品を使う方は、敏感肌とかアレルギーとかの場合が多そうですよね?
でも、私の場合は、一般(合成成分)の化粧品でのトラブルは一度もないんです。 

天然成分のメイク用品を使うようになったきっかけは、石けんシャンプー!
石けんでシャンプーするようになってから、クセがあまり出なくなって縮毛矯正の必要がなくなり、櫛どおりも良くなるなど、髪の毛の質が年々目に見えて良くなったんです。 それで、薬品を肌に付けないようにすれば、髪と同様にお肌もきっとキレイになるに違いない! と思ったわけです。 

ロゴナ

写真は、1月にネットで購入したファンデ。 
自然化粧品の場合は、消費期限のチェック大事ですよね! はい、今回も1年ありました。 よかった~ 


でも、9年使い続けた効果は? と聞かれたら、正直よく分かんないです (^_^;)

顔の肌トラブルに悩んでいたわけじゃないしねぇ。 髪の毛の質が変わったみたいな変化はないからね、、、 
まぁ、たぶん、きっと、効果が出ているはず!と信じて、このまま天然成分100%のメイク製品を使い続けますよ~  
天然成分へ切り替えたおかげで、手荒れが無くなり、髪質が良くなったのは事実なので。 

じゃあ、 なぜ、 ドイツの “ロゴナ” を選んだか? というと・・・ 
9年前の選択肢はコレしか無かったから! 

もちろん、いいモノだからこそ、今でも使い続けているんですけどね。 
9年前は、天然成分のメイク製品はとても高価なものが多くって。
一般の化粧品と同じくらいの価格帯となると、選択肢は  “ロゴナ”  だけ。 そのせいか、“ロゴナ” を扱っている店は今よりずっと多かったんです。 
昔は、東急ハンズの店頭や、ネットのドラックストアで購入していたんですけどね、、、最近あんまり売ってなくて、、、 
その理由は、日本製の天然100%化粧品がたくさん出てきたってこともあるだろうけど、ロゴナのファンデは消費期限が短めなので、かなり回転がよい店でしか扱うことが難しいのだろうな、と想像しています。 

いままで買った中で消費期限残り最長は、1年半ぐらい。 ふつうは1年前後のことが多いです。
店頭だと、消費期限まで半年切っている商品が並んでいることも多いので要注意! 

ロゴナのホームページ によると、
ロゴナのメイク製品はすべて100%天然成分です! 

ロゴナのファンデは、かなりしっとりしているので、乾燥肌の人にオススメ。 
よく伸びるので、コスパはとてもいいです。 (毎日使っても、5か月は持ちます)
普通にカバー力もあるので、使用感は一般のファンデと変わらないです。 
一般の化粧品との違いといえば、香りかなぁ、、、、 線香っぽいんです (^_^;)

☆現在の購入先は、「オーガニック健康生活 むぎごころ (楽天店)」 さん。 このお店の Yahoo店はこちら
13時までの注文で即日発送! メール便や定形外郵便でも送ってもらえます。 
毎回、楽天ポイントとは別に、次回使える商品券(500円分)がついてくるのが嬉しい ^ ^

ここ2年ほどリピートしている信頼できるお店です。
消費期限の短い自然化粧品は、買い置きができないので、即日発送は本当にありがたいです~ 
それに、このお店の人気商品はハズレがないかも! 
今回、ロゴナのファンデと一緒に注文した、天然成分100%のマスカラ がすごくいいです! リピ決定! 

楽天での口コミはこちら

以下は、化粧品の消費期限に関する記事です。 ご参考に。 
by HASY☆


関連記事: 




にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ 無印良品ファンでしょ?


その化粧品、雑菌だらけかも!? 開封前&開封後の化粧品の消費期限、知ってる?  (マイナビウーマン 2014.07.31)

未開封・涼しい所での保管で3年以内
ちょっとかたい話ですが、化粧品の消費期限表示は薬事法(化粧品の製造、販売を規制する法律の第61条)で、次のように義務付けられています。 「製造又は輸入後適切な保存のもとで、3年以内に性状及び品質が変化する恐れのある化粧品」。

つまり、高温で日の当たるような場所を避けて、きちんと保存しているものであれば、未開封で最低3年はもつとされています。
最近ではオーガニックコスメやナチュラルコスメに、消費期限が表示されているものがありますが、これは製造されてから3年以内に変質することがあると判断されたもの。
開封後、放置している化粧品ない? 化粧品の使用期限って? (アメーバニュース 2014年02月24日)

よく、化粧品の使用期限はどれくらいですか? というご質問をいただきます。
食品には使用期限が書かれていますが、化粧品への表示を見かけることは殆どありませんよね。

使用期限の表記に関しては、1980年に厚生省(当時)から出された通達に当てはまるものは義務化されていますが、該当しないものは表記しなくても良いことになっています。

アスコルビン酸や塩類、酵素を含む化粧品や、製造又は輸入後適切な管理の元、3年以内に品質が変化する恐れがあるものに関しては、期限を定める決まりとなっています。

簡単に言えば、3年で品質が変化するものは、消費期限を表示する。
品質が変化しないものは、消費期限を表示しなくてもよい、のです。

通常私たちが使用する国内製造の商品で、上記の内容に該当しないものは、賞味期限が記載されないことがほとんどです。










このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

Copyright (c) 2014- LoHASY☆ 天然生活 All Rights Reserved.